タグ: MariaDB

データベース自作PCサーバー作成 6

先日、自宅から出ずにずっと作業してて、ソファで寝落ちしてたのですが、起きて5秒後に何を思ったのか、突然まくらを購入した小堤です。

良い睡眠は〜とか、そんなんじゃないんです。まぁ肩痛いのくらい治るかなとは思いましたけど、そもそもがオマエ、ソファーで寝てる時、枕さんは別な部屋にいるし。枕って高いよなぁ・・・毎年買うわけでもないんですけど、いざ買うと。Tシャツにも同じこと言えますが、Twitterでたまに見かける

「だって布だぜ?」

ですよ、ホントと。同じ値段のPCなら即買うのにねぇ。ま、買ったんですけど。

さて、やっとマシンとOSが整った!って感じまできました。どこがデータベースサーバーやねん!っていうのは、ここから払拭していきたいですね。さぁ、マリアちゃんのアザラシしばいていくぜ。

MariaDBのMariaは娘さんの名前らしいですね。そして、ロゴがアザラシなんです、別にマリアちゃんのアザラシではないようですけど。

ともあれ、MariaDBをとりあえず普通にぶち込みます。Bashコンソールの左側(PS1)今回から$にしますが、セットアップ時は基本的に、rootユーザーで作業します。sudo 使って一般ユーザーから操作するのは、セットアップ完了後の運用時からかな?普段は。

続きを読む

データベース自作PCサーバー作成 5

ずっとデスクに向かってると運動不足なんで、EMSくらいやろうかなって思って買ったやつを、背中に貼り付けて低周波マッサージ器として利用して、すぐ気絶することが、特技になりつつある小堤です。

まじですぐ寝落ちしてる、不眠症なら貼れば寝られる。手刀で首元バシッってきな感じ(経験ないけど)

Linuxの勉強・操作に慣れるため、または、今回のように自宅サーバー作ってみようかなってときに、ダメなら安価で捨ててもいいわレベルのマシンを探してたら、こんなのあるんですね。

早速買ってみました、まだ届いてませんけど。6cm x 6cm ってめっちゃ小さいですねぇ、メモリ6GB、容量128GB、何するかによりますが開発用データベースとか、十分何じゃないだろうか?と思って購入です。そもそも、Linuxインストールできなかったらやだな笑 まぁ過去にBMAXって中華ノートにもUbuntuはいったし問題ないやろ(人柱魂)

法人価格にクーポン適用して、14,650 円。中古のPC漁ってくるよりよいのでは・・・速度求めないだろうし・・。

正直これで、Windows 10 Home がついてくることに不安を覚えますが、中華製品あるあるですかね、消しますけど。

さて、本日は、ロードアベレージについてです。ロードアベレージ聞いたこと有りますか?僕は聞いたことあるけど、なにそれ美味しいの?くらいのレベルで、なんとなくサーバーの負荷状況を示していることは知っていたのですが、今回のデータベースサーバー構築にあたり、必要になったので改めて確認しました。

なぜ、ロードアベレージを確認するのか

Windows、Mac、Linux、OS問わず必ず経験したことがあるであろう

「なんか、マシン重い…. 」

さて、このマシンが重いという現象、何が原因でしょうか。CPUの処理がいっぱいいっぱいになっているのか、ディスクの読み込み・書き込みが待ちになっているのか。明確な理由を把握していますか?

続きを読む

サービスを利用したMariaDB複数起動

ふと機会があり、ブログサーバーを移行したんですが、気がつけば4年くらい放置してたんですねぇ。 時が経つのは、早いもんですね、小堤です。

最近は、すっかりPythonとMariaDBと、機械学習ばかりやっている気がします。 そこで、今後MariaDBの別記事を書こうかなと思っていた一部を先に書いてしまおうと思ったこの投稿です。

MariaDBの複数起動

MySQLも一緒なんですが、MariaDBをインストールした初期状態は、ポート3306で起動し、シングルインスタンスとして起動します。 場合によっては、同じサーバー内で複数のMariaDBを起動したいシーンがあります。

レプリケーション環境のテストとか、MariaDB Galera Cluster(Galera Cluster)の設定とか。 検証のみであれば、今は、VagrantやDockerでいいじゃんっていうのも正直あるんですが、諸問題で直接入れたい場合もあります。 今回は言及しませんが、Linuxのファイルデスクリプター設定をDockerでやる場合、できるんですけど、普通に素でインストールされていたほうがわかりやすいと思います。

触れる場所が多すぎるので、切り出して複数起動に絞りました。

MariaDBの複数起動方法は、いくつかあります。

  • dbdeployerを利用した起動
  • mysqld_safeを利用した起動
  • dockerを利用した起動(コンテナ内部で別々に動いてるんでちょっと違いますけど)
  • サービスを利用した起動

dbdeployerは、phpenvやpython venvみたく複数のバージョンを起動、管理できる便利なツールです。 MySQL Sandboxって名前だったんですかね、最近まで知りませんでした。

mysqld_safeは、mysqldを起動するスクリプトです。 コマンド叩いて起動できるんですが、自動起動設定など頑張ってスクリプト用意しないといけないので手間です。

続きを読む