データベース自作PCサーバー作成 3

ちょうど、教育を行っているときに、超珍しく久しぶりにみた映画で同じことを言っていて、みな常に様々なことを学んでいるかと思うんですが、頭に入れておくとゼッタイいいと思うんですよね。

“progress, not perfection”
(完璧さは求めるな、前進を求めろ)

映画「イコライザー」(ソニー・ピクチャーズ)

学習を進めている時、その学習は、何かのために行っていることが多いと思うんですが、そのなにかのために焦り、苛立ち、完璧を求めるがゆえに、曖昧さだらけになって、10を求め0に近い結果にしかならないより、1になることを一番最初にしたほうがええよって、何度も教えることをしていて思います、小堤です。

不思議と、自分は完璧にできることが素敵、格好いい、できる、と思ってしまう初心者志向は、なんなんでしょうね、高確率で陥りがちな気がします。その時の完璧さえも定義曖昧だったり、そもそもそれ自体が完璧じゃないじゃんってことは結構あるんですが、そんなにみんな頭も良くなければ、天才でもないんで、1個ずつ積み重ねる人には結果もスピードも負けちゃうんですよ。下手くそでも、1/10でもいいので前進を!

さて、前回の続きで、データベース自作PCサーバー作っていくよ〜。

RAIDの仕組み

OSインストール領域、データ領域ともにRAID0で構築します。

通常RAID1で構築するのが一般的だと思いますし、プロダクション(本番)環境のサーバーとかでは、そうするべきだと思います。片方のディスクおかしくなったときも、保守の人が、こっそり(ではない)ディスク入替えてくれてたりしますから・・・。

もちろん設置しているデータセンターや、サービスによりますけど。

昨今、RAIDは非常に安く、そして一般的になってきた気がします。昔は、専用のボードじゃないとダメだのなんだの、そもそもハードウェアRAIDも(ボードに搭載されているやつ)メーカーによってどこがいいだの、しかもめっちゃ高い10万円超えはザラ。

続きを読む