タグ: Database

データベース自作PCサーバー作成 5

ずっとデスクに向かってると運動不足なんで、EMSくらいやろうかなって思って買ったやつを、背中に貼り付けて低周波マッサージ器として利用して、すぐ気絶することが、特技になりつつある小堤です。

まじですぐ寝落ちしてる、不眠症なら貼れば寝られる。手刀で首元バシッってきな感じ(経験ないけど)

Linuxの勉強・操作に慣れるため、または、今回のように自宅サーバー作ってみようかなってときに、ダメなら安価で捨ててもいいわレベルのマシンを探してたら、こんなのあるんですね。

早速買ってみました、まだ届いてませんけど。6cm x 6cm ってめっちゃ小さいですねぇ、メモリ6GB、容量128GB、何するかによりますが開発用データベースとか、十分何じゃないだろうか?と思って購入です。そもそも、Linuxインストールできなかったらやだな笑 まぁ過去にBMAXって中華ノートにもUbuntuはいったし問題ないやろ(人柱魂)

法人価格にクーポン適用して、14,650 円。中古のPC漁ってくるよりよいのでは・・・速度求めないだろうし・・。

正直これで、Windows 10 Home がついてくることに不安を覚えますが、中華製品あるあるですかね、消しますけど。

さて、本日は、ロードアベレージについてです。ロードアベレージ聞いたこと有りますか?僕は聞いたことあるけど、なにそれ美味しいの?くらいのレベルで、なんとなくサーバーの負荷状況を示していることは知っていたのですが、今回のデータベースサーバー構築にあたり、必要になったので改めて確認しました。

なぜ、ロードアベレージを確認するのか

Windows、Mac、Linux、OS問わず必ず経験したことがあるであろう

「なんか、マシン重い…. 」

さて、このマシンが重いという現象、何が原因でしょうか。CPUの処理がいっぱいいっぱいになっているのか、ディスクの読み込み・書き込みが待ちになっているのか。明確な理由を把握していますか?

続きを読む

データベース自作PCサーバー作成 4

マルちゃん正麺(塩)麺&鍋大陸 濃厚鶏白湯スープの素があれば、まじで飯作るの困らないなって本気で思い始めてる小堤です。鶏肉とキャベツだけ買ってくれば、なんとかなるんよねぇ。もっと早く知りたかったわ、人生損した感ある。

さて、SSDのRAID0構成まで完了しましたが、RAID0は、片側のディスクが壊れたら終わりです。今回、OS領域、データ領域、ともにRAID0構成にしました。流石に、壊れちゃったっ/// では、済まないし、入れ直して再設定するのも面倒なので、まるごとバックアップします。まずは、OSのバックアップを作成します。

ReaR によるOSまるごとバックアップ

ReaR (Relax-and-Recover) を利用することで、OSのまるごとバックアップができます。バックアップ先は、USBメモリ、USB接続ドライブに直接とること、または、NFSサーバー、Windowsファイルサーバー(CIFS接続)でバックアップを取ることができます。

RHEL、CentOS、Fedora、Ubuntuなど、大体のLinuxデストリビューションへパッケージインストールが可能です。

ReaRインストール

[root@localhost]$ dnf -y install rear \
  syslinux-extlinux 
  grub2-efi-x64-modules

上記を実行して、インストールされたことを確認します。

[root@localhost]$ rear -V
Relax-and-Recover 2.4 / Git
続きを読む

データベース自作PCサーバー作成 3

ちょうど、教育を行っているときに、超珍しく久しぶりにみた映画で同じことを言っていて、みな常に様々なことを学んでいるかと思うんですが、頭に入れておくとゼッタイいいと思うんですよね。

“progress, not perfection”
(完璧さは求めるな、前進を求めろ)

映画「イコライザー」(ソニー・ピクチャーズ)

学習を進めている時、その学習は、何かのために行っていることが多いと思うんですが、そのなにかのために焦り、苛立ち、完璧を求めるがゆえに、曖昧さだらけになって、10を求め0に近い結果にしかならないより、1になることを一番最初にしたほうがええよって、何度も教えることをしていて思います、小堤です。

不思議と、自分は完璧にできることが素敵、格好いい、できる、と思ってしまう初心者志向は、なんなんでしょうね、高確率で陥りがちな気がします。その時の完璧さえも定義曖昧だったり、そもそもそれ自体が完璧じゃないじゃんってことは結構あるんですが、そんなにみんな頭も良くなければ、天才でもないんで、1個ずつ積み重ねる人には結果もスピードも負けちゃうんですよ。下手くそでも、1/10でもいいので前進を!

さて、前回の続きで、データベース自作PCサーバー作っていくよ〜。

RAIDの仕組み

OSインストール領域、データ領域ともにRAID0で構築します。

通常RAID1で構築するのが一般的だと思いますし、プロダクション(本番)環境のサーバーとかでは、そうするべきだと思います。片方のディスクおかしくなったときも、保守の人が、こっそり(ではない)ディスク入替えてくれてたりしますから・・・。

もちろん設置しているデータセンターや、サービスによりますけど。

昨今、RAIDは非常に安く、そして一般的になってきた気がします。昔は、専用のボードじゃないとダメだのなんだの、そもそもハードウェアRAIDも(ボードに搭載されているやつ)メーカーによってどこがいいだの、しかもめっちゃ高い10万円超えはザラ。

続きを読む