月別: 2017年1月

ZSHとMacVimとVimFilerの導入2

前回の ZSHとMacVimとVimFilerの導入 の続きです。

今回は、MacVimの導入とVim周りのプラグインを導入しましょう。

MacVimのインストール

MacVimは、macOSで利用できるgVimの1つです。今回は、香り屋版といわれる便利なパッチが当たった MacVim-Kaoriya をインストールします。
下記URLにアクセスして、最新版のMacVimをダウンロードします。



https://github.com/splhack/macvim-kaoriya/releases

ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックして、MacVimをインストールします。

続きを読む

ZSHとMacVimとVimFilerの導入

Mac で開発を行う場合、ターミナルやテキストエディタは種類は違えど必須なツールと言えるでしょう。

その中で、ターミナルで操作する シェルZSH に、そしてgVimといわれるVIMアプリケーションとして MacVim を導入するための手順を紹介します。

また、MacVimとターミナルでのvi/Vim共通で使える VimFiler の導入と操作方法についても説明します。

続きを読む

Unity エンジニアになるための C# 学習環境を構築する

Unity をこれから始めたい、やらなくてはならないという人をターゲットにした記事です。

C#を利用する背景

Unity は、現在 Unity 5.5 として、 Unity 5.6ベータ、今年はUnity 2017に進化し続けているゲーム開発エンジンです。Super Mario Run や、Pokémon Go などで採用されたことでも話題のエンジンです。

このUnityは、Unity Editorと言われるエディタで開発を進め、コンパイルからデプロイまで一括でこのUnity Editorで行います。(iOSは、Xcode用のプロジェクトを吐き出し、最終的にはXcodeを利用します)

プログラムは、スクリプトとして複雑なゲームの制御を行うためのものとして、JavaScript、またはC#にて記述することになります。何と言っても情報量的にC#が一番多いと思います。Boo言語も今では非推奨になりました。これからUnityのスクリプト言語として選択するのであれば、C#が良いと思います。
続きを読む